ギター初心者必見!弾き語りをしたいならまずはエレキギターを買え!

楽器
この記事は約4分で読めます。

あなたはアコースティックギターを買って弾き語りをしたいと思ったけどうまくいかずにギターがインテリアになってませんか?

そんなあなたに届けたい、弾き語りが最速でできるようになる方法を伝授します!

ぜひ、あなたの参考になれば嬉しいです。

まずはエレキギターを買ってください!

弾き語りするのになんでエレキギターを買うんだよ!って意見がくるのは百も承知でお話ししています。

その意見を跳ね除けてでもエレキギターを買っていただきたいです。

理由は3つあります。

弦が圧倒的に押さえやすいからです。

アコースティックギターの弦と比べるとエレキギターの弦は圧倒的に細く、弦高(げんこう・張っている弦とフレットとの隙間)が狭いというところです。

最初にエレキギターに慣れてコードの押さえ方の形を手に覚えさせることでアコースティックギターに戻ってもスムーズな運指が可能になるんです!

ナットが細いものが多いからです。

ナットの幅とはコードを押さえている側の持ち手の幅のことです。

これが細いことで、握りやすさが全然違います。音が細くなってしますというデメリットがありますが、今回は最速でアコースティックギターを弾けるようになるのが目的なので気にせずにいきましょう!

一般的にアコースティックギターは42.9〜44.5mmのナット幅に対して、エレキギターは42〜43mmの幅が通常です。なので細いほど押さえやすいはずです!

挫折した時にエレキギターとしても使えるからです。

これは最終手段というか、逃げの算段となってしまいすが、それでもコードが弾けないから「ギターやーめた!」となるより、アコースティックギターができないならエレキギターで音楽を楽しみませんか?ってお話です。

エレキギターはあなたが想像する何倍も簡単な楽器です。パワーコードという最大限に簡略したコードは指の形をほとんど変えずたった2本で弾けるんです。

何も、よく見る速弾きとかが全てでは無いんです。

もし、アコースティックギターに疲れてしまった時はエレキギターに切り替えるのも一つの手かなと思います。

実際に並行して練習することでお互いの運指や練習が活きてくることもあります。なので、絶対的に無駄になることはありません!

以上の理由から既にアコースティックギターを購入された方もエレキギターを購入して練習していきましょう!

楽器屋さんにいけば、初心者セットで1万円くらいのものもあります。初心者用に色々揃ってる場合が多いので気に入ったデザインのものを探してでエレキギターを買ってみましょう!

具体的な練習方法!

最初のうちはバレーコード(人差し指で全部の弦を押さえるコード)はできなくても良いです。

FとかBとかできなくてもそれなりに弾けます。理由は後述します。

最速で1曲弾けるようになるにはコードチェンジをマスターすることが最短ルートです。

コードチェンジは別のコードにスムーズに指を動かして曲の流れの中でコードを変えることです。

例えば王道のコードだと

定番コード

C  F  G  C

というものがあります。

「Fが早速出てきとるやんけ!」というツッコミが入ると思いますが、これをちょっと変化させましょう。

簡略コード

C  FM7  G  C

これ、練習しましょう!

先ほど書いたバレーコードが最初はできなくても良い理由はこういった簡略したコードがあってそれを弾けばコード進行が成立しちゃうからです。

最初はこのコードをスムーズに動かせるようになるまで練習を繰り返していきましょう。

最初はコードを押さえるのに指1本ずつ確認しながらだと思うんですが、それで全然問題ありません!

「これがCで、、、これがGで、、、」といった感じで一つ一つ音をきれいに鳴らしてみましょう。

最初の方はきれいに音が鳴ることが嬉しく感じると思います。

小さな成功体験を繰り返しながらすこしずつステップアップしていきましょう。

具体的な成長ステップ

1.コードをきれいに鳴らす

2.コードチェンジをスムーズに行う

3.セーハコードをきれいに鳴らせるようにする。

4.セーハコードも含めてコードチェンジをスムーズに行う

5.アコースティックギターに切り替えて1〜4を出来るようにする

6.好きな曲にチャレンジする

6番までたどり着いたらU-FRETというサイトで好きな曲を探して練習しましょう!

初心者向けや定番の曲、洋楽やジブリなどのカテゴリーに分けられているのでとても見やすいですよ。

初心者におすすめなのはカテゴリーの中の「童謡」のジャンルですね。誰もが知ってる曲ですし、ゆっくりめな曲がたくさん入っているのでぜひそこからチャレンジしてみてください

もちろんキーワード検索やアーティスト検索も可能なのでたくさん利用しましょう。

コードの押さえ方が図で出てくるので初心者には優しいですね!

U-FRETはこちら 

上記のステップをしっかり踏んでギターライフを楽しみましょう!

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました